人気ブログランキング | 話題のタグを見る
excitemusic
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


蝉の声

鳴く蝉の声が、多くなった。梅雨明けが近いと思う。今日の千里中央は随分熱かった。
熱射病、熱中症が多いのだろう。途中寄った大手スーパーでも、随分子供達が多かった。
涼しいエアコンがしっかり効いている遊び場。
人口の浅瀬の川は、まるで郷で見る、子供達のよう。
でも、ザブンと、飛び込むことはできないな。

昨日、TVの天気解説で、東南アジアからのモンスーンの北向きの流れ込み、シベリア高気圧と偏西風の南向きの蛇行で、豪雨が多いと知った。「小笠原高気圧」が強く、梅雨前線も切れ、九州など梅雨明けとなった。
# by tenkilife | 2006-07-27 00:05 | Weather

台風5号

蟻台風は、予想通り西寄りの進路。昨日、沖縄への出張は急遽変更。滞在中の大阪でも、この3-4年、梅雨の境界がはっきりしないように思う。今年は、とくに雨が多く、断続的に降りしきる傾向。
(以前は、梅雨の後半と、梅雨明けの境界がはっきりしない。昔は雷雨、山並みに連続した雷が
鳴り響くと、梅雨明け、という印象が強かった。)

・「洗濯物を干して良いかどうか」と判断しにくい日々が続く。
高曇りになれば、湿度も高く、熱がこもる感じがし、「不快指数」はこの数年高いと思う。
・熱がこもりやすく、熱中症ということばがメディアにも見え隠れする。
・夏風邪以外に、インフルエンザが大阪でも一時流行した。
・熱帯夜が長く続くためか、暑くて寝付けない、食欲が落ちる。
・低気圧、気圧の変化で頭痛や眩暈がする。
・紫外線対策グッズが店頭で目に付く。私も出張先での日焼の後、
今年初めて、シミが取れなくなった。
など、周囲から耳にする。
など、ヒトという生体への影響は確かなようで、体温調節も、自己管理も
今日のテレビではないが、熱体質、寒体質に分けたり、また、当地より暖かい地域(今日のテレビ取材地は
台湾)の環境、熱、紫外線対策を紐解く必要を感じている。
# by tenkilife | 2006-07-23 23:05 | Nature

蟻の動き

台風5号の速度は、予報で早いスペースかと思ったが、
今回の太平洋高気圧の強さからか、随分迷いながらも
宮古、先島をこえて、西北西に進み、25度付近で、北へむくが、また速度に
疑問が残る。こういった台風は長い間、居座り、本土でも、土石流、堤防決壊
など多くの災害につながる、大雨をもたらすだろう。台湾から西、中国大陸に達すると
戻りも随分長くなりますが。
この台風で島の人たちは生活に影響があるのでしょうか。それとも人、ものとも、
備えたり、耐えれば遠ざかるのを見守っていれば、すむ、くらいなんだろうか。
# by tenkilife | 2006-07-21 01:32 | Weather

ブログ初心者

仕事、旅で、北、南の島に渡る時。後に、その土地の空、温度、湿度、匂い、気圧、苦楽etc. が蘇る。
以前から、日本の気象情報を、茶の間で見るにつけ、この時代、東西南北の気候が、災害情報が伝わらない。
一方で、牛の入ったコンテナごと、道を隔てて飛んでいった。港を見に行くとき、整然とした、植木や、新しい電柱を見て、タクシーの運転手さんに「さすがに海沿いからホテルまで、随分整備されていますね。」と話せば、すぐその訳を知る。北側の岬にある、それはシンボリックだった、風力発電機は、根こそぎ倒れていた。
数年前。北の島にて。
真夏で10度を切り、雨、そして、天文観測用の機材がおかしい。何度もショートして、夜通しの修復と強い風雨で原因は、ただ、塩水、雨水だと思い込んでいた。
朝、それはわかった。雲の塊が往来し、湿度100となり、室内外の機材がショートしたと知る。
ピンポイントの気象情報が、提供されはじめたとはいえ、そのときは有料で、PHSも通じにくかった。
岐路、そこへの登山客は相当に体力を奪ったのだろう。、私の傍ら、フェリーの中で意識を失った。
医師は同船せず、恐らく多くの乗客に緊張が走った。幸い、2時間の航路で意識を取り戻して、
仲間は安堵し、病院へと向かった。皆の緊張が解れた。
気象情報は、その土地の方に聞くのが、今でもベストなのだと、信じている。
その中で、ブログ初心者の私がこれを作るきっかけとなったのが、台風への眼、というブログであった。これは32Kの環境では、最新のフラッシュ版は、重過ぎるが、ブログ版があり、移動先でも大変便利だ。
今までは例えば、気象庁のサイトに隣国のサイトを、地図を重ねるように、想像を重ねてみていたが、
あくまで、自分の「予想」であり、結局、この「フィルタ」が、判断ミスになる。
ようやく、このW06は、昨日午後6時に15時にはDepressionであることを知り、今回も、大幅なコストとリスクを背負いそうである(苦笑)。
マクロ、ローカル、そして個人の家計経済、人と生活への影響を及ぼしているのに、自然災害で救えることを逃していることに無頓着な時代ではなくなっている。専門家や地元の方の経験、勘を
もっと大切にすれば、自然と向き合う余裕すらでてくるのかも知れない。阪神大震災を経験し、小さな自然現象をキャッチし、災害に備えれば、「きっといいことがありますよ。」となればいい。
# by tenkilife | 2006-07-20 00:05 | Weather